これは私が学生時代の話です。

親元を離れて一人住まいをすることになりました。

自宅から通うとなると二時間半かかるので実質勉強をするどころの話ではなくなるからです。

大阪からは京都は隣接していますが毎日の通学となるとハードですから……。

そして私は烏丸御池にある部屋を借りることになりました。

実家は裕福で私の部屋は2DKです。

そして手コキをしてくれることになり、やがてセックスをする関係になる奥さまが住んでいるのはお隣の3LDKのファミリータイプでした。

親からはご近所の挨拶はキチンとするようにと配るチョットした手土産も準備してくれていたのです。

向かいの部屋は40歳前後のおじさんで単身赴任をしているようでした。

私はそのギターを弾くので特にお隣に音が聞こえないかを心配していました。

そして、お隣へご挨拶へいったのです。

チャイムを鳴らすと「ハーイ」と返事がありました。

インターフォンで「隣にひっこしてきた田中です……」と言いました。

「少々お待ち下さいね」と玄関を開けてくれました。

手土産を渡して、よろしくお願いしますと挨拶をしてギターの音がうるさくないでしょうか?と聞いたら全然聞こえないから心配いらないとの返事を貰いました。

奥さまは「学生さんの一人暮らしだったら大変ですね。

困った事や分からないことがあったら相談してください」と親切に言ってくれたのです。

これが奥さまとの初めての会話でした。

まさかこれが原因で手コキにハマってしまい、今でも年に何回か手コキ専門店のFRESH!でヌクようにまでなるとは思ってもいませんでした。